概要

独文学専攻が研究対象としているのは、ドイツ語圏の広義の文化です。時代は中世から現代まで、内容はドイツ語学理論、文学理論、文化理論、テクスト講読、口語・文語表現演習、中世文化研究などで、カリキュラムが構成されています。伝統的な研究法から最新の研究動向にいたるまで柔軟に目配りしつつ、優れた研究者を育成し、高度な専門知識を身に付けた人材を社会へ送り出すことを目指しています。

修士課程においては、徹底的にドイツ語と学問的思考法の習熟を目指します。文学系、文化系、言語学系、哲学・思想系の各テクストの読解と討論、学問的議論のための実践的な口語演習、修士論文作成のためのドイツ語による論文執筆訓練などを課しています。また、少人数のクラスでは教員と学生の間で密度の高い授業が行われます。後期博士課程においては、主に博士論文執筆のための授業が行われ、指導教授による指導と並行して自主研究を進めることとなります。独創的な発想や発見を根底に据えた、個性的な博士論文の作成が期待されます。博士学位の取得に関しては、本専攻の定めた規定に準じて審査が行われるので、別途資料を請求していただきます。

また、慶應義塾大学にはドイツ学術交流会(DAAD)の援助で独自の留学枠があり、毎年1名をドイツに派遣しています。ほかにもドイツ学術交流会の一般考査による留学や、ベルリン自由大学、ボン大学、ドレースデン工科大学、ザールブリュッケン大学、デュッセルドルフ大学、ジーゲン大学、ハレ大学などとの交換協定による留学生派遣を行っています。独文学専攻とドイツ主要大学との連携の強化により、絶好の留学環境にあると言えるでしょう。

以上のように、本専攻では多岐にわたる研究分野、母語話者によるドイツ語能力の陶冶、少人数制による個別指導の徹底、ドイツの諸大学との連携強化と留学制度の整備などを柱に活動しています。学生の進路は、公務員や一般企業への就職のほか、研究者となる者も数多くいます。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 川島 建太郎
    Kawashima, Kentaro
    教授

    独文学専攻
    現代ドイツ文学・思想

    ドイツの文学と思想を、メディア史の観点から考察しています。メディアは、文学や思想をそもそも可能にしている歴史的アプリオリです。印刷術からアナログメディアをへてデジタルメディアにいたる歴史は、時間と空間のあり方や記憶のあり方を根底から変容させました。そこから言語表現や思考がどのように影響を受けたのかを観察し、記述しようと試みています。

    『メディア論:現代ドイツにおける知のパラダイム・シフト』(共著、御茶の水書房、2007)、青弓社編集部編『「明るい部屋」の秘密:ロラン・バルトと写真の彼方へ』(共著、青弓社、2008)、Autobiographie und Photographie nach 1900: Proust, Benjamin, Brinkmann, Barthes, Sebald(Bielefeld (transcript), 2011)

  • 粂川 麻里生
    Kumekawa, Mario
    教授

    独文学専攻
    近現代ドイツ文学・思想、文化史、スポーツ史

    ゲーテが、20世紀の思想家たち、特に W. ベンヤミン、L. ウィトゲンシュタインに与えた影響の研究を出発点に、「言語」、「形・色」、「時間」、「身体」、「自然」、「群衆」といった諸概念の関り合いについて考察しています。それと関連して、サッカーやボクシング等の近代スポーツとドイツ独自のトゥルネンをめぐる文化史も研究しています。

    「理想言語はどこに行ったか?:W・ベンヤミンとL・ウィトゲンシュタインの言語観比較」(『藝文研究』69号、1995)、「形態・時空・言葉:シェルドレイクの形態共鳴説とゲーテ的自然学の可能性」(『モルフォロギア』29号、2007)、「W・ベンヤミンはゲーテの不肖の弟子か?:初期ベンヤミンのゲーテ受容について」(『モルフォロギア』34号、2012)

  • 香田 芳樹
    Koda, Yoshiki
    教授

    独文学専攻
    中世ドイツ文学

    中世ドイツの文化と思想を研究しています。主として、キリスト教神秘思想が生まれた社会史的・思想史的背景を調べるのが私の仕事です。またそれと並んで、ヨーロッパの神話や古い文学にも興味をもっています。ヨーロッパ人の意識の「古層」 を探りたいと考えています。

    マクデブルクのメヒティルト『神性の流れる光』(創文社、1999)、『マイスター・エックハルト:生涯と著作』(創文社、2011)、『真理を語る真理:マイスター・エックハルトの神秘的聖書解釈』(岩波書店『イスラーム哲学とキリスト教中世』、2012)、『〈新しい人間〉の設計図:ドイツ文学・哲学から読む』(編著、青灯社、2015)

  • 識名 章喜
    Shikina, Akiyoshi
    教授

    独文学専攻
    近現代ドイツ文学・文化学

    現代のファンタジーやホラーにもつながる一連のアイデア溢れた作品を残したドイツ・ロマン派の作家E.T.A. ホフマンの研究が出発点ですが、19世紀の科学技術上の綺想の系譜をたどりながら、〈文学と科学技術〉という問題枠を通して文学史記述の見直しを進めています。最近の関心は、ドイツの学会で評判の悪い国民主義(ナショナリズム)の文学者たちの生き方にあります。貧乏人の平民出の若いインテリが「ドイツ人」という虚構に託した夢がナチズムに収斂する過程の研究は、外国人だからこそ踏み込める余地があると考えています。

    ザフランスキー『E.T.A.ホフマン』(法政大学出版局、1994)、Statik und Dynamik in Kriegsschlachten bei Akira Kurosawa, in Akira Kurosawa und seine Zeit(Bielefeld, 2005)、「ドイツ語圏SF史概説」(岩波書店『文学』、2007)、フケー『水の精(ウンディーネ)』(光文社、2016)

  • 中山 豊
    Nakayama, Yutaka
    教授

    独文学専攻
    ドイツ語学

    ドイツ語の動詞の結合価を中核とした文法研究に関心があります。また「新正書法」という名のドイツ語珍正書法が引き起こした Mißstand(nicht : Missstand)が解消されることを、心あるドイツ語圏の人々とともに願っています。

    『ドイツ言語学辞典』(共編著、紀伊國屋書店、1994)、『中級ドイツ文法』(白水社、2007)、「ドイツ語の絶対比較級」(『藝文研究』91/2、2010)、「ドイツ語の不在構文について」(『慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・文学』47、2011)

  • 平田 栄一朗
    Hirata, Eiichiro
    教授

    独文学専攻
    演劇学・ドイツ演劇

    ドイツや日本の舞台作品を「上演分析」する演劇学の方法を模索しています。最近は現代演劇を新しい悲劇論や「不在論」、越境文化論から捉え直しています。かたわら演劇学の理論を応用して、日常生活や社会における身体・(自己)演出・パフォーマンス性のあり方を「演劇性」の観点から探究しています。演劇性は、演劇学だけでなく、哲学、政治哲学、社会学でも議論されていますが、この議論も考察対象にしています。

    『ポストドラマ演劇』(共訳、同学社、2002)、『現代ドイツパフォーミングアーツ』(共著、三元社、2006)、Theater in Japan(共編著、Theater der Zeit, 2009)、『パフォーマンスの美学』(共訳、論創社、2009)、『ドラマトゥルク:舞台芸術を進化/深化させる者』(三元社、2010)、『在と不在のパラドックス:日欧の現代演劇論』(三元社、2016)