概要

民族学考古学分野では、フィールドワークに基づいて集積された一次資料を利用して、過去の社会や民族文化の歴史的再構成を行います。主な研究指導対象分野としては、日本の先史考古学、歴史考古学、南レヴァント地方を中心とする西アジア考古学、太平洋地域の考古学・民族学、動物考古学、考古学研究法などが挙げられます。

大学院教育としては、担当教員による個別の論文指導、および教員、学生全員が参加する演習授業による研究発表および討論が中心となっています。また、教員はそれぞれ専門のフィールドを持っているので、各フィールドの調査に参加し、野外調査の実践および分析、報告の仕方を学ぶことができるほか、学会等における発表も積極的に行われています。

本分野では、長年の調査で蓄積された豊富な考古・民族資料が保管されているので、それらをもとに研究を進めることも可能です。また、総合大学の研究科として、他学部、他専攻、諸研究所と共同で、アッカド語、ヘブル語などの特殊言語や自然科学的手法、統計的解析手法を習得することもできます。最終的には、独自の研究を仕上げることで、研究に必要な技術をも兼ね備えた総合的リサーチ・デザインを描ける研究者の養成を目指しています。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 安藤 広道
    Ando, Hiromichi
    教授

    民族学考古学専攻
    日本考古学・博物館学

    身近にある考古学資料や物質文化資料を分析対象とし、その成果を大きな歴史学的枠組みのなかに位置付けていくというのが、研究の基本スタンスです。慶應義塾には、三田キャンパス、日吉キャンパスを中心に、先史時代から現代に至る多種多様な資料が存在しており、研究する意義が見いだされたものなら何でも、時代を問わず研究対象にしています。現在は、日吉や三田の近現代、特にアジア太平洋戦争に関わる建造物の調査・研究にエネルギーを注いでいます。こうした研究の成果を軸に、日吉や三田という場に集う、さまざまな立場の人々の歴史的言説を絡み合わせたパブリックヒストリー的活動を展開したいと思っています。

    「「水田中心史観批判」の功罪」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第185集、2014)、『慶應義塾大学日吉キャンパス一帯の戦争遺跡の研究』(編著、2011~2013年度科学研究費補助金研究成果報告書、2014)、『考古学調査ハンドブック12 弥生土器』(分担執筆、ニューサイエンス社、2015)、「観音松古墳の研究2:新発見の写真と図面からみた墳丘と主体部の形態と構造」(『史学』第85巻1・2・3号、2015)

  • 佐藤 孝雄
    Sato, Takao
    教授

    民族学考古学専攻
    動物考古学、民族考古学

    人と自然の関係史を読み解くために、遺跡から出土する動物骨や貝殻の分析に取り組んでいます。文化と自然を包括的に捉え、第四紀の歴史を通観することに努めつつ、北海道やシベリアでフィールドワークを重ねています。

    『人と動物の日本史1 動物の考古学』(共著、吉川弘文館、2008)、「中近世アイヌのシカ送り儀礼」(『動物考古学』30、2013)、「飼熊儀礼の研究:現状と課題」(Biostory, 20, 2013)、 Rediscovery of the oldest dog burial remains in Japan(Anthropological Science、vol.123, no.2, 2015)

  • 杉本 智俊
    David T. Sugimoto
    教授

    民族学考古学専攻
    西アジア考古学、聖書考古学

    パレスチナ地域から出土する考古遺物を通して、聖書の一神教の成立過程や三大一神教の歴史的相互関係を解明することに関心があります。現在は、特にパレスチナ自治区ベイティン(ベテル)遺跡の発掘調査に取り組んでいます。

    『図説 聖書考古学 旧約聖書論』(河出書房新社、2008)、Female figurines with a Disk from the Southern Levant and the Formation of Monotheism(Keio University Press, 2008)、Transformation of a Goddess: Ishtar-Astarte-Aphrodite(編著、Vandenhoeck & Ruprecht: Academic Press Fribourg, 2014)、『イスラエル国エン・ゲヴ遺跡 2009~2011年度調査報告』(共編、慶應義塾大学西アジア考古学調査団、2016)

  • 山口 徹
    Yamaguchi, Toru
    教授

    民族学考古学専攻
    オセアニア島嶼世界のジオアーケオロジー、歴史人類学

    南太平洋オセアニアや日本の八重山諸島をフィールドに、考古学と地球科学が協働するジオアーケオロジーの手法を用いて、島嶼世界の景観史のなかに人と自然の「絡み合い(entanglement)」を読み解いてきました。近年は、18世紀中頃-20世紀初頭の植民地期に収集されたオセアニア造形物の歴史人類学的・博物館人類学的研究にも挑戦しています。

    Sedimentary facies and Holocene depositional processes of Laura Island, Majuro Atoll(共著、Geomorphology, vol.222, 2014)、「ウリ像をめぐる絡み合いの歴史人類学:ビスマルク群島ニューアイルランド島の造形物に関する予察」(『史学』第85巻1・2・3号、2015)、『石垣島の景観史研究(Ⅰ):名蔵地区の浅層ボーリング調査と低地発掘調査』(共著、『慶應義塾大学民族学考古学研究室小報』14、2016)、A review of coral studies of the Ryukyu Island Arc to reconstruct its long-term landscape history, in Coral Reef Science: Strategy for Ecosystem Symbiosis and Coexistence with Humans under Multiple Stresses(Springer, 2016)