概要

1967(昭和42)年に設置された図書館・情報学専攻は、情報システム、情報メディア、情報検索を研究の三つの柱としています。

情報システムは、情報を扱う組織全体を含めた広い概念で、方法的対象として図書館を扱います。図書館は資料を収集、組織化、保存、提供する機能を持ち、書誌コントロールや情報サービスなどの観点からも捉えることができます。また、図書館とその設置機関との関係をめぐる法的および経営的な問題、提供されるサービスと利用者コミュニティとの関係をめぐる社会的、心理的問題、そして、図書館が社会にもたらす経済的、文化的、教育的効果などが研究テーマになります。

情報メディアは、欧米の情報学の中で発展した学術コミュニケーション研究と計量書誌学に加え、学術情報システムの問題を含めた独自の研究領域を持っています。メディアではなく人間の認知に焦点を当てる情報探索行動研究も長年の研究実績があります。最近は、デジタルのメディアの特性やそれらの利用者に関する研究、組織やウェブにおける人々の行動の理解、情報メディアを含めた知識の共有・創造・蓄積・サービスのデザインを考える研究も行われています。

情報検索は、情報検索理論から情報組織化、データベース、情報検索システムまで、検索技術に特化した工学系のアプローチとは異なる全体的な観点から研究課題を扱います。最近では特に、サーチエンジンの高度化、検索実験における評価方法、大量の文書の自動分類などの研究課題で成果をあげています。また、メタデータ、統制語彙、分類法等とそれらの組み合わせからなる情報組織化/情報資源組織化の高度化にも研究実績があります。

図書館や情報メディアの隣接領域である書誌学や出版、メディア論やメディア研究などの課題に取り組むことも可能です。

修士課程の学生は例年4、5人と少人数です。それだけに指導教授だけでなく、専攻の他の教員、卒業生も含め和やかな雰囲気で研究をしていくことが可能です。修了後は、国立国会図書館や大学図書館などへの就職、情報通信関連企業への就職、後期博士課程への進学が多数を占めます。

後期博士課程では、学位の取得を目的とした論文作成指導が中心となります。査読のある学会誌に論文を発表した後、学位論文検討会で発表を積み重ねることを通じて、学位論文を完成させるように指導しています。

また、2006(平成18)年4月からは後期博士課程の科目を夜間にも開講しています。図書館や情報サービス関連企業にお勤めの方が夜間の科目のみを履修し、後期博士課程の単位を修得することも可能です。博士課程修了後は、大学や研究組織の教員、研究職を目指す方が大部分です。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 池谷 のぞみ
    Ikeya, Nozomi
    教授

    図書館・情報学専攻
    図書館・情報学、エスノメソドロジー、情報行動、サービスデザイン

    人々のさまざまな営みを、営みに関わる人々の視点から理解することにこだわるエスノメソトドロジーという学際的なアプローチをとって研究をしています。営みを、人々が想起もしくは共有する知識を実践から切り離さずに理解することで、組織や集団における知識の共有や創造、継承などの問題を考察することに関心があります。これまで図書館や病院、企業などでフィールドワークも行い、それぞれの場での実践を理解し、ときにはサービスやテクノロジーのデザインについて現場の方々と一緒に考えることにも挑戦しています。

    Recovering the emergent logic in a software design exercise(Design Studies, 33, 2012)、The practical management of information in a task management meeting: taking 'practice' seriously(Information Research, vol.17, no.4, 2012)、『図書館は市民と本・情報をむすぶ』(共編著、勁草書房、2015)、Service practices as organizational phenomena, in Serviceology for Designing the Future, Springer, 2016.

  • 図書館・情報学専攻
    情報検索

    情報検索の理論・技術全般に関心を持ち、特に、統計学的な方法によって検索性能の向上を目指す研究を行っています。具体的には、これまで言語横断検索(検索質問と文書とで使用言語が異なる場合の検索)について、いくつかのアルゴリズムを提案してきました。また、文書の自動的なクラスタリングについても研究を進めており、最近では、大規模な文書集合に対して、階層的な構造を与えるためのクラスタリング技術について実験しています。

    High-speed rough clustering for very large document collection(Journal of the American Society for Information Science and Technology, vol.61, no.6, 2010)、Double-pass clustering technique for multilingual document collections(Journal of Information Science, vol.37, no.3, 2011)、『図書館情報学における統計的方法』(樹村房、2015)

  • 倉田 敬子
    Kurata, Keiko
    教授

    図書館・情報学専攻
    学術コミュニケーション、図書館・情報学

    学術コミュニケーションが知の形成にいかに関わるのかを、情報メディアという観点から研究しています。現在は特に、情報メディアのデジタル化の影響、研究成果のオープンアクセス、オープンサイエンスにおける学術情報基盤に関心を持っています。

    『学術情報流通とオープンアクセス』(勁草書房、2007)、「電子ジャーナルとオープンアクセス環境下における日本の医学研究者の論文利用および入手行動の特徴」(共著、Library and Information Science, no.61, 2009)、Remarkable growth of open access in the biomedical field: analysis of PubMed articles from 2006 to 2010(共著、PLOS ONE, vol.8, no.5, 2013)

  • 谷口 祥一
    Taniguchi, Shoichi
    教授

    図書館・情報学専攻
    情報組織化、情報資源組織化

    膨大な情報資源に対して、いかに多様な要求(または特定の要求)に効率的・効果的に応えられるよう秩序づけておくのかという、情報組織化、情報資源組織化に取り組んでいます。組織化は、これまで主にメタデータ、分類、統制語彙(オントロジー)、検索技術などの組み合わせによって行われてきましたが、日々新たな研究と実践が試みられています。

    A Conceptual Modeling Approach to Design of Catalogs and Cataloging Rules(ひつじ書房、2007)、『メタデータの「現在」:情報組織化の新たな展開』(勉誠出版、2010)、『知識資源のメタデータ 第2版』(共著、勁草書房、2016)

  • 根本 彰
    Nemoto, Akira
    教授

    図書館・情報学専攻
    図書館情報学、教育文化情報論

    教育文化において、ライブラリーやアーカイブのような社会的記憶装置の役割に関心をもっています。日本では江戸期以降、出版文化および教育制度が独自の発達を遂げた一方で、こうした装置の位置づけははっきりしませんでした。しかしながら、バブル経済とその崩壊、そして大震災を経験して、ようやく日本人の歴史意識のなかで、同時代や過去を参照するための記憶装置の重要性が理解され始めているといえます。これを諸外国と比較したりしながら、明らかにしています。

    『文献世界の構造:書誌コントロール論序説』(勁草書房、1998)、『理想の図書館とは何か:知の公共性をめぐって』(ミネルヴァ書房、2011)、『シリーズ図書館情報学』全3巻(東京大学出版会、2013)、『場所としての図書館・空間としての図書館』(学文社、2015)