概要

社会の環境変化に伴い、図書館業務や情報サービスに従事する専門職のリカレント教育の必要性が高まっています。そこで2004(平成16)年、本専攻における教育の実績に基づき、社会的ニーズに応えるために情報資源管理分野を設けました。大学卒業後3年以上、図書館等における実務経験あるいは司書資格を有する方を対象としています。平成27年度文部科学省「職業実践力育成プログラム」に認定されました。その結果、厚生労働省の教育訓練給付金(専門実践教育訓練)の支給対象ともなります。

本分野は、最新の情報技術や経営管理を中心に、資料組織や情報検索、学術情報流通、レファレンスサービスなどについての知識や技能を修得し、問題解決能力の向上を図ることを目的としています。学術論文の書き方、調査分析方法に関するスキル修得を目指す科目も開講しています。

現職者向けに平日夜間(月曜日と木曜日)と土曜日午後に開講しています。夏休み集中で実施する科目もあります。例年15人から20人ほどの学生が在籍しています。仕事を持ちながら修士の学位を目指すため、結束力もあり、卒業後も交流が盛んです。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 池谷 のぞみ
    Ikeya, Nozomi
    教授

    図書館・情報学専攻
    図書館・情報学、エスノメソドロジー、情報行動、サービスデザイン

    人々のさまざまな営みを、営みに関わる人々の視点から理解することにこだわるエスノメソトドロジーという学際的なアプローチをとって研究をしています。営みを、人々が想起もしくは共有する知識を実践から切り離さずに理解することで、組織や集団における知識の共有や創造、継承などの問題を考察することに関心があります。これまで図書館や病院、企業などでフィールドワークも行い、それぞれの場での実践を理解し、ときにはサービスやテクノロジーのデザインについて現場の方々と一緒に考えることにも挑戦しています。

    Recovering the emergent logic in a software design exercise(Design Studies, 33, 2012)、The practical management of information in a task management meeting: taking 'practice' seriously(Information Research, vol.17, no.4, 2012)、『図書館は市民と本・情報をむすぶ』(共編著、勁草書房、2015)、Service practices as organizational phenomena, in Serviceology for Designing the Future, Springer, 2016.

  • 図書館・情報学専攻
    情報検索

    情報検索の理論・技術全般に関心を持ち、特に、統計学的な方法によって検索性能の向上を目指す研究を行っています。具体的には、これまで言語横断検索(検索質問と文書とで使用言語が異なる場合の検索)について、いくつかのアルゴリズムを提案してきました。また、文書の自動的なクラスタリングについても研究を進めており、最近では、大規模な文書集合に対して、階層的な構造を与えるためのクラスタリング技術について実験しています。

    High-speed rough clustering for very large document collection(Journal of the American Society for Information Science and Technology, vol.61, no.6, 2010)、Double-pass clustering technique for multilingual document collections(Journal of Information Science, vol.37, no.3, 2011)、『図書館情報学における統計的方法』(樹村房、2015)

  • 倉田 敬子
    Kurata, Keiko
    教授

    図書館・情報学専攻
    学術コミュニケーション、図書館・情報学

    学術コミュニケーションが知の形成にいかに関わるのかを、情報メディアという観点から研究しています。現在は特に、情報メディアのデジタル化の影響、研究成果のオープンアクセス、オープンサイエンスにおける学術情報基盤に関心を持っています。

    『学術情報流通とオープンアクセス』(勁草書房、2007)、「電子ジャーナルとオープンアクセス環境下における日本の医学研究者の論文利用および入手行動の特徴」(共著、Library and Information Science, no.61, 2009)、Remarkable growth of open access in the biomedical field: analysis of PubMed articles from 2006 to 2010(共著、PLOS ONE, vol.8, no.5, 2013)

  • 谷口 祥一
    Taniguchi, Shoichi
    教授

    図書館・情報学専攻
    情報組織化、情報資源組織化

    膨大な情報資源に対して、いかに多様な要求(または特定の要求)に効率的・効果的に応えられるよう秩序づけておくのかという、情報組織化、情報資源組織化に取り組んでいます。組織化は、これまで主にメタデータ、分類、統制語彙(オントロジー)、検索技術などの組み合わせによって行われてきましたが、日々新たな研究と実践が試みられています。

    A Conceptual Modeling Approach to Design of Catalogs and Cataloging Rules(ひつじ書房、2007)、『メタデータの「現在」:情報組織化の新たな展開』(勉誠出版、2010)、『知識資源のメタデータ 第2版』(共著、勁草書房、2016)

  • 根本 彰
    Nemoto, Akira
    教授

    図書館・情報学専攻
    図書館情報学、教育文化情報論

    教育文化において、ライブラリーやアーカイブのような社会的記憶装置の役割に関心をもっています。日本では江戸期以降、出版文化および教育制度が独自の発達を遂げた一方で、こうした装置の位置づけははっきりしませんでした。しかしながら、バブル経済とその崩壊、そして大震災を経験して、ようやく日本人の歴史意識のなかで、同時代や過去を参照するための記憶装置の重要性が理解され始めているといえます。これを諸外国と比較したりしながら、明らかにしています。

    『文献世界の構造:書誌コントロール論序説』(勁草書房、1998)、『理想の図書館とは何か:知の公共性をめぐって』(ミネルヴァ書房、2011)、『シリーズ図書館情報学』全3巻(東京大学出版会、2013)、『場所としての図書館・空間としての図書館』(学文社、2015)