概要

国文学専攻は、日本の文学・言語・文化を総合的且つ専門的に探求する場です。慶應義塾大学では、古くから民俗学的方法と文献学的方法とによって国文学研究が行なわれてきました。現在の専任教員スタッフは、附属研究所斯道文庫を含めて、文献学的学問を志す者が少なくありませんが、個々の教員の関心は一つの研究方法に止まってはいません。研究対象も、一人の教員が多くの作者・作品・文学的事象に関心を抱いています。

国文学の研究対象となる時代は古代から近現代まで、ジャンルは古典に属する和歌・物語から近現代の小説や出版文化に至るまで多種多様です。日本語学も古代語から現代語まで、理論的研究から実証的研究まで多岐に亙ります。国文学専攻では、近年の傾向として、中古物語、中世和歌、絵巻物・絵入り本、近代ジェンダー・セクシュアリティ論、形態音韻・文字表記、日本漢文学といった研究が盛んです。

授業は、専任教員・斯道文庫教員・非常勤講師により、それぞれの専門分野を中心として、さまざまな形式で行なわれています。その多くは、少人数による演習形式を取っています。

一方、大学院の行事としては年2回、5月と11月に国文学研究会を開催しています。これは大学院在籍者・出身者による研究発表を中心に、若手研究者の研鑽の場としての役割を果たしています。また、文学系5専攻の運営する藝文学会でも、6月の大会では大学院生による研究発表が行なわれています。このほか、専任教員の主宰する研究会・読書会も頻繁に開かれています。大学院生の論文発表の場としては、国文学専攻の『三田国文』(年1回)、藝文学会の『藝文研究』(年2回)があります。

大学院修了後は、中学・高校の教員、大学の教員、公共機関の研究員などの専門職に就く者が圧倒的に多く、民間企業に就職する者は極めて少数です。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 石川 透
    Ishikawa, Tooru
    教授

    国文学専攻
    物語文学、説話文学

    平安〜近世期の物語・説話文学の成立、並びに、その享受を研究しています。

    『慶應義塾図書館蔵 図解御伽草子』(慶應義塾大学出版会、2003)、『奈良絵本・絵巻の生成』(三弥井書店、2003)、『御伽草子 その世界』(勉誠出版、2004)、『奈良絵本・絵巻の展開』(三弥井書店、2009)、『入門 奈良絵本・絵巻』(思文閣出版、2010)

  • 佐藤 道生
    Sato, Michio
    教授

    国文学専攻
    日本漢文学(古代・中世)

    日本人が中国文化をどのように受容したのかという問題について、平安・鎌倉期を中心として研究しています。近年は専ら平安時代の「句題詩」に関する研究に従事しています。そのほか、『本朝続文粋』『朝野群載』『詩序集』『中右記部類紙背漢詩集』などの注釈に携わっています。

    『平安後期日本漢文学の研究』(笠間書院、2003)、『和漢朗詠集・新撰朗詠集』〈和歌文学大系47〉(明治書院、2011)、『三河鳳来寺旧蔵暦応二年書写 和漢朗詠集 影印と研究』(勉誠出版、2014)、『句題詩論考:王朝漢詩とは何ぞや』(勉誠出版、2016)

  • 田坂 憲二
    Tasaka, Kenji
    教授

    国文学専攻
    中古文学

    『源氏物語』を中心に平安時代の文学を研究しています。『源氏物語』では、歴史や政治との関係や、注釈史・享受史が最近の研究の中心です。

    『源氏物語享受史論考』(風間書房、2009)、『名書旧蹟』(日本古書通信社、2015)、『源氏物語の方法を考える:史実の回路』(武蔵野書院、2015)

  • 屋名池 誠
    Yanaike, Makoto
    教授

    国文学専攻
    日本語学(国語学)

    日本語の時間的・空間的な諸相を通して、そこに一貫する日本語の本質的な性格を捉えたいという野心のもと、形態音韻(かたちに関わる文法的事象)と文字表記の分野を中心に研究しています。

    『大阪女子大学蔵蘭学英学資料選』(共編著、大阪女子大学図書館、1991)、『横書き登場:日本語表記の近代』(岩波新書、2003)