概要

哲学分野は、文学研究科に設置されて以来一貫して西洋哲学を追求し、日本の哲学研究の中核を担ってきました。哲学は最も古い学問ですが、その長い伝統と先端の両方を兼ね備えているのが本分野です。哲学のすそ野は広大で、すべてをカバーすることはできませんが、伝統と現代の二点に研究の焦点を定めた点に特徴があります。スタッフは古典研究2名、現代研究5名と、重点的な配置になっています。院生は、修士課程に一学年約10名、後期博士課程に3、4名が在籍し、他大学、他学部からの入学者が半数ほどを占めています。

本専攻の伝統の一つはギリシア・中世の古典研究にあり、プラトン、アリストテレスから中世哲学まで幅広い領域をカバーできる、私立大学では珍しい充実した陣容となっています。そこではギリシア語、アラビア語、ラテン語が飛び交い、哲学の原点にある諸問題が議論されます。もう一つの伝統は、戦後の論理実証主義以来の現代哲学です。この分野では論理学、言語哲学、科学哲学といった分析系の哲学、さらには現象学の研究が進められ、論理的な計算論、統語論や意味論、科学理論の構造、志向性といった現在の諸問題がさまざまに議論されます。

大学院の授業は学生が積極的に参加する形式で、自由に履修することができます。修士課程では修士論文、後期博士課程では博士論文という目標があり、多くの学生は学内外での研究に積極的に参加します。学内における三田哲学会の例会や、MIPS(三田哲学会の哲学・倫理学の合同研究集会)での発表、機関誌『哲学』への論文執筆等のほか、各々が専門とする学会での発表、論文投稿など、活動の機会は大きく広がっています。一方でさまざまな研究プロジェクトも展開されており、教員スタッフだけでなく、学生の多くもその研究の一端を担う形で参加しています。

また、専任教員と学生の関係にも良き伝統が生きています。相互の信頼を基礎に日々の研究が進められていることはもちろん、授業以外での共同研究、さらには人間的なふれあいも随所に見られます。学生同士での研究会も多く、相互啓発も活発に行われています。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 上枝 美典
    Ueeda, Yoshinori
    教授

    哲学専攻
    西洋中世哲学

    西洋中世のキリスト教思想家トマス・アクィナスの思想を存在論や認識論を中心に勉強しています。英米系分析哲学の手法を用いて古典的な問題に新たな光を当てることが面白いと思っています。その他、英米系現代認識論や分析系宗教哲学の分野にも関心を持っています。

    「トマスの言語哲学」(竹下政孝・山内志朗編『イスラーム哲学とキリスト教中世Ⅱ』岩波書店、2012)、「トマスの神はエッセのイデアか」(中世哲学会『中世思想研究』55号、2013)、「現実性としてのエッセ再考」(関西哲学会『アルケー』21号、2013)、「トマスにおける神の知の不変性と時間の認識」(中世哲学会『中世思想研究』58号、2016)

  • 岡田 光弘
    Okada, Mitsuhiro
    教授

    哲学専攻
    論理哲学、論理学、推論と論理思考の科学

    (1)哲学的側面に関しては、論理哲学・言語分析哲学の手法、認知科学・人工知能論・情報科学の手法、フランス現象学を中心とした現象学的論理学の手法を用いて、推論、認知・認識、言葉の意味の理解等を研究テーマとして研究を進めています。
    (2) 論理学的側面に関しては、線形論理、証明論等を中心として、ダイナミック な新しい論理の構成を進めています。又、その情報科学、計算機科学、言語学、認知科学、人工知能論等への応用を行ない、これらを通して新しい論理学的世界像の構築を目指しています。

    Linear logic and intuitionistic logic(Revue internationale de philosophe, 230, 2004)、Correspondence-theory and contextual-theory of meaning in Husserl and Wittgenstein, in Jocelyn Benoist and Sandra Laugier (eds), Husserl et Wittgenstein: de la description de l'expérience à la phénoménologie linguistique(Georg Olms, 2004)、Some remarks on linear logic, in One Hundred Years of Intuitionism (1907-2007)(Birkhäuser, 2008)、Wittgenstein et le lien entre la signification d'un énoncé mathématique et sa prevue(共著、Philosophiques, 39-1, 2012)

  • 柏端 達也
    Kashiwabata, Tatsuya
    教授

    哲学専攻
    行為論、現代形而上学

    行為とは何か、合理性とは何か、心とは何か、言語とは何かといった問題や、伝統的な形而上学の諸問題に、いわゆる分析哲学の手法を使って取り組んでいます。と同時に、それらの異なる問題圏を結びつけるルートを探っています。また最近では、価値や人生といった問題にも関心をもっています。

    『自己欺瞞と自己犠牲』(勁草書房、2007)、「幸福の形式」(戸田山和久・出口康夫編『応用哲学を学ぶ人のために』世界思想社、2011)、「自己欺瞞」(信原幸弘・太田紘史編『シリーズ新・心の哲学Ⅲ 情動篇』勁草書房、2014)、『コミュニケーションの哲学入門』(慶應義塾大学出版会、2016)

  • 斎藤 慶典
    Saito, Yoshimichi
    教授

    哲学専攻
    現象学、西洋近・現代哲学

    私たちのこの現実は「現象すること」によって成り立っているのではないでしょうか。このことの内にあらゆる「存在」が含まれる仕方を可能なかぎり正確に記述すること、他方で、いかなる意味でも「現象しない」ものの問題をどう考えたらよいのかを追求すること、この二点に集中しています。

    『思考の臨界:超越論的現象学の徹底』(勁草書房、2000)、『力と他者:レヴィナスに』(勁草書房、2000)、『心という場所:「享受」の哲学のために』(勁草書房、2003)、『知ること、黙すること、遣り過ごすこと:存在と愛の哲学』(講談社、2009)、『「実在」の形而上学』(岩波書店、2011)、『生命と自由:現象学、生命科学そして形而上学』(東京大学出版会、2014)