概要

英文学・米文学・英語学及びそれぞれの関係領域を研究対象とする英米文学専攻では、西脇順三郎・厨川文夫の伝統に連なる中世英文学・英語学、大橋吉之輔の衣鉢を継ぐアメリカ文学を中心に、伝統を踏まえながら、現代の最も新しい分野、例えば書物史や現代批評理論なども視野に入れ、国際的な学問的貢献を目指しています。

修士課程2年間で基本的なディシプリンを積み、後期博士課程の3年間で博士論文を提出できるように、きめ細かな指導を行っています。担当者は教授10名(英文学4名、米文学3名、英語史・言語学など3名)で、他に言語文化研究所の専任所員や他学部所属の専任教員も授業を担当しています。多彩な設置科目はすべて選択科目で、学生の研究領域に合わせて指導教員と相談しながら履修するシステムが確立しています。必要に応じて学界の第一線で活躍する学者を国内外から講師として迎えます。日本英文学会や関連学会での研究発表、レフェリー制度をもつ学術雑誌への投稿、共同研究に基づく共著の執筆、外国への留学とそこでの学位取得に関するガイダンスの機会も数多くあります。さらに、博士号請求論文のレベルを高く維持するために、しばしば著名な外国人研究者を審査員に招いています。 その審査を通過した論文は続々と公刊されており、慶應義塾での修士・博士論文が海外で出版されたり国際的な学術誌に採択されることは、分野を問わず珍しくありません。

また、後期博士課程在学中には日本学術振興会特別研究員としての採用や学位取得のための海外留学を支援し、課程修了後は非常勤講師として教歴を身に付けてもらうようにしています。ほとんどの場合、学位取得後は大学の常勤教員として就職します。

現在学内で進んでいる大学院生を交えた研究プロジェクトには、西洋中世写本や初期刊本を対象としたテキスト校訂や書物史研究のためのプロジェクト、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』を図書館所蔵の初版から徹底再検証する共同研究プロジェクトなどが含まれています。

学位請求論文の概要や専任教員の研究内容については、ホームページで紹介されています。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 井出 新
    Ide, Arata
    教授

    英米文学専攻
    初期近代イギリス文学・演劇

    初期近代イギリスを研究対象にしています。特にその時期の演劇、宗教、出版・手稿文化、民衆文化などに関心があります。作家研究としては、ウィリアム・シェイクスピアやクリストファー・マーロウなどの劇作家を中心に、新しい形の評伝に取り組んでいます。

    『シェイクスピア大全』(共編著、新潮社、2003)、The Cambridge Guide to the Worlds of Shakespeare: Shakespeare's World, 1500-1660(共著、Cambridge University Press, 2014)、Corpus Christi College, Cambridge in 1577: Reading the Social Space in Sir Nicholas Bacon’s College Plan(Transactions of Cambridge Bibliographical Society, XV, 2, 2015)

  • 井上 逸兵
    Inoue, Ippei
    教授

    英米文学専攻
    英語学・社会言語学・談話分析

    相互行為の社会言語学、談話分析、社会語用論などの観点から英語と日本語の諸側面を研究しています。

    『ことばの生態系:コミュニケーションは何でできているか』(慶應義塾大学出版会、2005)、『グローバル・コミュニケーションのための英語学概論』(慶應義塾大学出版会、2015)、『日英語対照社会言語学』(編著、朝倉書店、2017)

  • 大串 尚代
    Ogushi, Hisayo
    教授

    英米文学専攻
    アメリカ文学、女性文学

    アメリカ文学、とくに19世紀の女性作家による作品、また性差やセクシュアリティをテーマとした作品を中心に研究しています。また、アメリカ文化が明治以降の日本の少女文化にどのような影響を与えていたのかについても興味をもっています。

    『ハイブリッド・ロマンス:アメリカ文学における捕囚と混淆の伝統』(松柏社、2002)、『アメリカン・ヴァイオレンス:見える暴力、見えない暴力』(共著、彩流社、2013)、『越境する女:19世紀アメリカ女性作家たちの挑戦』(共著、開文社出版、2014)、『身体と情動:アフェクトで読むアメリカン・ルネサンス』(共著、彩流社、2016年)、Little House in the Far East: The American Frontier Spirit and Japanese Girls' Comics(The Japanese Journal of American Studies, 27, 2016)

  • 河内 恵子
    Kawachi, Keiko
    教授

    英米文学専攻
    近現代イギリス文学

    19世紀後半から現代までのイギリス文学を小説を中心に研究しています。

    『深淵の旅人たち:ワイルドとF.M.フォードを中心に』(慶應義塾大学出版会、2004)、『西部戦線異状あり:第一次世界大戦とイギリス女性作家たち』(共編著、慶應義塾大学出版会、2011)

  • 巽 孝之
    Tatsumi, Takayuki
    教授

    英米文学専攻
    アメリカ文学、現代批評理論

    19世紀アメリカ・ロマンティシズムから20世紀モダニズムおよびポストモダニズムへ至る過程において、脱構築的な修辞学と新歴史主義的な物語学がいかに内部で連環していったかを再検証し、21世紀ならではの文学思想史の可能性を模索するという意識に貫かれている。 1995年以来の主要著書『ニュー・アメリカ二ズム』『アメリカン・ソドム』『リンカーンの世紀』『モダニズムの惑星』はまさにその理論的実践というべき文学思想史四部作である。

    『ニュー・アメリカニズム:米文学思想史の物語学』(青土社、1995)、『リンカーンの世紀:アメリカ大統領たちの文学思想史』(青土社、2002/増補新版、2013)、『アメリカ文学史:駆動する物語の時空間』(慶應義塾大学出版会、2002)、Full Metal Apache: Transactions between Cyberpunk Japan and Avant-Pop America(Duke University Press, 2006)、『モダニズムの惑星:英米文学思想史の修辞学』(岩波書店、2013)、『盗まれた廃墟:ポール・ド・マンのアメリカ』(彩流社、2016年)

  • 松田 隆美
    Matsuda, Takami
    教授

    英米文学専攻
    中世イギリス文学

    12〜16世紀のイギリス文学を対象として、図像学、書物文化史、民衆レベルでのキリスト教信仰を研究しています。

    Death and Purgatory in Middle English Didactic Poetry(Cambridge: D. S. Brewer, 1997)、『中世イギリス文学入門:研究と文献案内』(共編著、雄松堂出版、2008)、『ヴィジュアル・リーディング:西洋中世におけるテクストとパラテクスト』(ありな書房、2010)、Performance, Memory, and Oblivion in the Parson's Tale(The Chaucer Review, 51, 2016)