概要

中国文学専攻は、「中国古典文学」「中国現代文学」「中国語学」を大きな3本の柱としていますが、中国の歴史、哲学、社会、芸能などを含めた、古代から現代にいたるまでの幅広い中国の文化全般を研究対象としています。

歴史を遡れば、本専攻は中国文学研究の泰斗・奥野信太郎の学風に導かれ、伝統を形成してきました。専任教員の専門分野は、古典文学、現代文学、語学に分かれています。また、特殊な研究領域においては、優れた業績と指導力を有する斯界の専門家を非常勤講師として招き、あらゆる領域をカバーできる体制を整えています。

学生には、本専攻で開講されている科目以外にも、文学研究科他専攻設置科目や、単位交換プログラムの提携を結んでいる早稲田大学および学習院大学文学研究科設置科目などを受講する機会を与え、より広い視野から研究対象を捉えることのできる研究者の育成を目指しています。

修士課程では、中国文化全般について幅広く学ぶと同時に、自ら選択したテーマを深く掘り下げて追究し、修士論文を作成します。後期博士課程では、修士課程で獲得した基礎知識を土台に、より専門的な研究を行い、学会にその成果を発表します。

近年の学生の意欲的な姿勢のあらわれとして、在学中に長期留学する傾向が強くなっています。大半の学生が1年ないし2年の留学を経験し、きわめて大きな成果をあげています。留学先は主に中国本土や台湾などで、現地の大学で専門の研究に取り組むほか、中国語運用能力の向上をはかり、また現地での生活を通して中国の風俗、習慣、文化などについての理解を深めています。

修了後の主な進路は、中学・高校の教員や大学の教員、研究機関の研究者などです。開設以来、中国語学・中国文学の教育・研究分野で活躍する人材を数多く輩出してきました。世界における中国の躍進に伴い、官公庁や一般企業で活躍する人材も増えており、今後の展望も大きく開かれています。スタッフ一同、意欲ある皆さんとの出会いを期待しています。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 杉野 元子
    Sugino, Motoko
    教授

    中国文学専攻
    中国近現代文学、日中比較文学

    日中戦争時期に日本軍占領下の北京や上海などに留まり文学活動を続けた中国人文学者について研究しています。また、北京の貧しい満州族の家に生まれ、長編小説『駱駝祥子』や戯曲『茶館』などの不朽の名作を書いた作家・老舎についても研究しています。

    「漱石と老舎:二人の文学者の英国体験をめぐって」(日本比較文学会編『滅びと異郷の比較文化』思文閣出版、1994)、「悔恨と悲哀の手記:魯迅『傷逝』と森鷗外『舞姫』」(『比較文学』第36巻、1994)、「柳雨生と日本:太平洋戦争時期上海における「親日」派文人の足跡」(『日本中国学会報』第55集、2003)、「路易士と日本:戦時上海における路易士の文学活動をめぐって」(『比較文学』第52巻、2010)

  • 髙橋 智
    Takahashi, Satoshi
    教授

    中国文学専攻
    中国古典文献学、中国版本学、日本漢籍受容史

    1 、専門は中国文献学(書誌学)です。中国の古典籍の原本(漢籍)を、作品としてだけでなく、文化財(文化資源)として幅広く扱い、出版文化史、図書史、古典を読み伝えた人々、または古典の解釈の歴史などを研究し、そこから中国文化(東アジア文化)の源流を知ろうと考えています。2 、『論語』のテキスト史、日本と中国の書物交流史(日本の漢籍受容史)、中国目録学史、中国の古典籍と宮廷文化・蔵書文化の関係などに関心があります。

    中国や日本で作られた漢字文献(漢籍)の成立や受容、変遷、収蔵など、書物が政治や文化、人間社会のなかで果たしてきた役割を研究しています。文字が発明され、手書き(写本)の文化から印刷文化へと発展する姿を通じて、文学や歴史や思想がどのように伝えられ、形づくられてきたかを、12世紀から19世紀の、現存する文化遺産としての漢文古典籍に焦点をあてて整理・分析を行っています。

    『室町時代古鈔本『論語集解』の研究』(汲古書院、2008)、『書誌学のすすめ』(東方書店、2010)、「内閣庫存書目について:中国版本学資料研究」(『斯道文庫論集』46号、2012)、「京師図書館善本簡明書目・稿本について:中国版本学資料研究」(『斯道文庫論集』47号、2013)、『海を渡ってきた漢籍:江戸の書誌学入門』(日外アソシエーツ、2016)

  • 八木 章好
    Yagi, Akiyoshi
    教授

    中国文学専攻
    中国古典文学

    1.志怪・伝奇と呼ばれる中国の怪異小説(特に清・蒲松齢の『聊斎志異』)を研究しています。2.「狂」「痴」など本来否定的な含意の言葉に込められた魏晋および明末清初の文人精神を研究しています。3.『論語』・漢詩・故事成語など、中国古典の児童向け書籍の出版に携わっています。

    『中国怪異小説選』(慶應義塾大学出版会、1997)、『中国古典文学二十講:概説と作品選読』(白帝社、2003)、『心を癒す漢詩の味わい』(講談社、2006)、『心の「ツボ」に効く漢詩・漢文』(講談社、2007)、『「三国志」漢詩紀行』(集英社、2009)