概要

東洋史が研究の対象とするのは一般的にアジアと呼ばれる地域ですが、問題設定の方法、時代によってはアフリカやヨーロッパもその視野に入ってきます。中東イスラーム世界の歴史研究を志す者にとって、マグリブやバルカンも重要地域であり、華人のネットワークに興味をもつ人は、アジアのみならずアメリカやヨーロッパも視野に入れなければなりません。

東洋史の魅力は、このような広大な対象地域にあるといっても過言ではありません。しかし、専門性を重視する大学院においては、広く、浅く学ぶというやり方は避けなければなりません。そこで東洋史学分野では、これまでの学問的な伝統と、史料を読むツールとしての語学などとの関係から、以下のように対象を東西二つの領域に分けています。それぞれの領域で完結性の高いカリキュラムを組み、深く学べるようになっています。

一つ目の領域は、中国を中心とする東アジア史研究です。ここには中国古代史研究と、史料を重視する実証主義史学や文献史学の伝統に基づく、明清から民国期にかけての中国近現代史研究が含まれます。前者は松本信広以来の学統である民俗学の手法を取り入れたもの、後者は明治から大正期にかけて日本を代表する東洋史学者であった、田中萃一郎によって切りひらかれたものです。また、歴史人類学の方法論に基づく、中国から東南アジアにかけて華人がつくった広域的なネットワーク社会の研究も、もう一つの柱になっています。

二つ目の領域は、アラブ、トルコ、イラン、中央アジアなどの西アジア・中東イスラーム史研究です。かつてこれら諸地域の研究は、中国の辺境史としての位置づけしか与えられてきませんでした。しかし、今では世界をとりまく情勢が変わり、緊急にして最重要な分野として誰もが認めるようになっています。本塾ではこの分野におけるパイオニアである前嶋信次、井筒俊彦の学統を継承しながら、アラブでは社会史研究に、非アラブではオスマン帝国史研究に重点をおきながら研究・教育を行っています。

以上は教員サイドから見た特徴と言えるものですが、学生は基本的に自分の好きなテーマで研究が行えるようになっています。自分の頭と身体でアジアを知り、師を越えるという気概を持ち、自らの手で新しいフロンティアを探りあて社会に巣立って欲しいという思いがあるからです。そのために、外部から多彩な講師陣を招いて知的刺激の拡充に努める一方、社会に出てから場合によっては欧米系の言葉以上に有力な武器となる、東西のアジア系諸言語を存分に学べるカリキュラムが用意されています。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 岩間 一弘
    Iwama, Kazuhiro
    教授

    東洋史学専攻
    近現代東アジア交流史、食文化史、中国都市史

    これまで上海をおもなフィールドとして、新中間層と大衆消費・大衆動員をテーマに近代都市社会を研究してきました。現在は食文化の越境に目を転じて、近代以降の東アジアにおける外来文化の受容と国際関係を考察しています。各都市の雑誌・新聞や企業・行政資料を精査・照合し、さらにヒアリング調査を補充して、できるだけ多くの具体例を検証するように心がけています。

    『上海近代のホワイトカラー:揺れる新中間層の形成』(研文出版、2011)、『上海大衆の誕生と変貌:近代新中間層の消費・動員・イベント』(東京大学出版会、2012)、「大衆化するシノワズリ:日本人旅行者の上海イメージと上海の観光都市化」(『現代中国』87号、2013)

  • 桐本 東太
    Kirimoto, Tota
    教授

    東洋史学専攻
    中国古代史、中国民俗学

    現代に現代という時代の雰囲気があるように、中国の古代にもその時代をして中国古代たらしめていた時代の雰囲気がつむぎ出されていたはずであり、それを自分なりにすくいとってみたいと考えています。具体的には当時の時代精神の結晶としての神話・伝説に関心があります。

    王仲殊著『中国からみた古代日本』(翻訳、学生社、1992)、『南方熊楠を知る事典』(共著、講談社、1993)、『中国古代の民族と文化』(刀水書房、2004)

  • 長谷部 史彦
    Hasebe, Fumihiko
    教授

    東洋史学専攻
    中東社会史、地中海交流史

    エジプト、シリア、アラビア半島を視野の中心に据え、アラブ地域の中近世史を研究してきました。現在は、オスマン帝国期とフランス占領期のエジプトにおける都市や村落の政治・社会・経済・文化の多角的な解明をめざして、地方都市マハッラ・クブラーのイスラーム法廷記録を読み進めています。また、環地中海交流史の視座から、大都市カイロを含めたナイル・デルタ地域の歴史を構想しています。

    『中世環地中海圏都市の救貧』(編著、慶應義塾大学出版会、2004)、『ナイル・デルタの環境と文明Ⅰ・Ⅱ』(編著、早稲田大学イスラーム地域研究機構、2012-13)、『地中海世界の旅人:移動と記述の中近世史』(編著、慶應義塾大学出版会、2014)