概要

慶應義塾大学における日本語教育は1958(昭和33)年に開始されました。その後1972(昭和47)年、学生ならびに修士課程修了者を対象に、日本語教師養成を目的とした「日本語教授法講座」が、本塾国際センターに開設されました。この講座は、2003(平成15)年に改編によって日本語・日本文化教育センター設置「日本語教育学講座」となりますが、約30年にわたり数多くの日本語教育の指導者、研究者を世に送り出してきました。その実績を踏まえ、2007(平成19)年、大学院文学研究科国文学専攻に日本語教育学分野が創設されました。本分野の目的は、高度専門職業人として専門的かつ体系的な知識を備え、優れた教育技能を有する日本語・日本語教育の専門家を養成することにあります。

日本語教員を目指す日本人学生、外国人学生の要望に応えるべく設置された本分野は、大学院から日本語教育を目指す人、現場で日本語教育を経験し日本語研究を希望する人、他分野で取得した修士号とあわせ、ダブルディグリーにより日本語教育でも修士号の取得を目指す人たちに対し、広く門戸を開放しています。

研究活動は、さまざまな理論を教育現場にどのように生かすか、実践をどのように体系化していくかといった、理論と実践を結びつけることに主眼を置いています。主な教授陣は本塾の留学生教育の拠点である、日本語・日本文化教育センターにおいて日本語教育を行っている教員ですので、講義・演習においても理論に偏らない、教育現場の観点を重視した教育・指導が行われています。また、日本語・日本文化教育センターの協力のもと、日本語教育現場の見学、異文化交流など、教育・研究に結びつくさまざまな経験の機会も設けられており、きめ細かい指導が可能となっています。

将来、高度専門職業人としての日本語教育者・研究者を目指す、意欲と熱意のある人をお待ちしています。出願資格、入学試験、カリキュラム、修了要件等は、履修案内と入試要項を参照してください。

教員

名前/職位

専攻/専門領域/研究内容/主要著作

  • 木村 義之
    Kimura, Yoshiyuki
    教授

    日本語教育学
    日本語学

    主に、幕末・明治から現代にかけての、近代日本語を対象とした語彙・表記の変遷に関して研究を行っています。あわせて、その時代の国語辞書、対訳辞書、特殊辞書についても考察しています。また、同時期の口語文を資料として、広い意味での待遇表現(対人配慮表現)の変遷や、漢語の用法の変化に注目する分析なども行っています。

    『図解日本語』(三省堂、2006)、『図解日本の語彙』(三省堂、2011)、『品詞別学校文法講座 1~8』(明治書院、2014~2016)、『わかりやすい日本語』(くろしお出版、2016)

  • 村田 年
    Murata, Minori
    教授

    日本語教育学
    日本語教育学、計量文体論

    大学・大学院の日本語学習者を対象とした専門日本語教育分野において、主に書きことばに焦点を当てた研究を行っています。文章のジャンルに関心があり、ジャンルを判別するために、どのような言語指標が有効かということを計量的手法を用いて分析し、特に論述的文章に特徴的な指標を探しています。最終的に研究成果を教育現場に還元し、専門日本語教育における体系的教授方法の構築につなげることが目標です。

    『ここからはじまる日本語教育』第2章、第6章(ひつじ書房、1998)、「文章のジャンル判別に寄与する指標の研究:専門日本語教育への応用」(『コーパスとテキストマイニング』共立出版、2012)、「文学書籍における複合動詞の使用傾向:22の後項動詞を指標として」(『日本語と日本語教育』43、慶應義塾大学日本語・日本文化教育センター、2015)